FIDC(Disaster Service Unit)

FIDCの活動は、自助・共助の観点から、ドローン講習団体・関係団体等が災害対応型ヘリパッドの普及を行い事前の備えを充実させることを、面的・継続的に促進し、社会全体の災害対策向上を目指し、地域での自律的な防災力が高まることを目的とします。

1:空からの災害対応を行う際に、平常時からヘリコプターとドローンの併用活用ができる災害対応型ヘリパッドの企画運営を、主旨に賛同頂いた賛助会員と共に全国で実施します。

2:陸路と空路によるネットワークの複層化フィールドとし、地域振興や日常生活への供給を行い、災害時には地域のハブとなり現場支援を行います。

FIDCは、一般財団法人国際災害対策支援機構の英文名General Foundation for International Disaster Countermeasure の頭文字をとった略語です。

設置エリア

DRONEセキュリティ研究室

共同研究機関
慶應義塾大学 SFC 武田圭史研究室

研究課題
災害対応におけるヘリとドローンの併用可能性に関する研究
研究内容
ヘリ飛行下におけるドローン運用に関わる課題の抽出

共同研究公開情報

災害対策支援技術革新研究室

共同研究機関
愛知産業大学伊藤庸一郎研究室

研究課題
災害対策技術革新

研究内容
空からの災害対応を行う際に、災害発生時の状況によって救助手段のベストな運用方針を自動計画策定するAIの開発、およびインフラ活用に関する災害時対応システムへのAIの活用

共同研究公開情報

GUARDRONE

ドローンプロジェクト名 GUARDRONE

ドローンは、人々の安全を守り、未来を守る、素晴らしいもの。
守って頂くという意味でガードローンと命名。 
命名者 松本零士

国際災害支援機構は、技術力・開発力でSFの未来が実現する災害対策を目指し、各種セミナーの実施、ボランティア活動、イベントなどを行っています。